2018の正月本はどれにする??

Books on the shelf, isolated.

毎年お正月に読む特別な本を「正月本」と(勝手に)名づけて年末に購入しております。

2017年のリスト

ルールは「金に糸目はつけない!」ということ。ちょっと日頃は躊躇するようなハードカバー本やシリーズ本も正月だから!という理由で購入可能。ちなみに今年の正月本は宮部みゆきさんの三鬼でした。

で、来年はどうしようかなーと思っているのですが…とりあえず候補策。

今年は以下がノミネート!

・ブラックアウト(コニーウィルスの航路が面白かったので)

・サピエンス全史(去年のリストにも入っていた…でも今年のベストセラーでもありますよね)

・13・67(年末の風物詩!文春ミステリーベスト10の海外ナンバー1!ということで俄然読む気に…)

・劇場(火花がよかったので又吉さんまた読みたい)

・沖縄のまじない(県産本も興味アリ。比嘉ブラザーズのマジムンの本がおもしろかったので、まじない系にも興味あり。)

 

年末年始はミステリーってなるとブラックアウトか13・67ですかねーーー。まだまだ悩みます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)