子供の心をわしづかみ!な絵本シリーズ 「まりーちゃんのくりすます」

IMG_9518

クリスマス時期になると出てくる名作絵本といえば…そう!「まりーちゃんのくりすます」!!

まりーちゃんが羊のぱたぽんにクリスマスを教えてあげます。
いい子にしてたら靴の中にサンタクロースがプレゼントを入れてくれるんだよ…と…

しかし羊だもん!ぱたぽんの靴(ひづめ)は脱げません。
どうしよう…サンタクロースは私にはプレゼントを置いて行かないわ

というぱたぽんにまりーちゃんは自分がもらえるかもしれないプレゼントで頭がいっぱい…
ぱたぽんは必死にまりーちゃんに訴えます。

そしてどうなるか…というお話…

なんというか大人になって読むと、まりーちゃんってこんなにぱたぽんの話聞いてなかったんだ…と新たな発見が笑
「まりーちゃん、ぱたぽん話ししてるよ!」とかハラハラしてしまいます。でもまりーちゃんは優しいんですよね。ちゃんとぱたぽんの為に嬉しいことをしてくれます。この辺のドキドキ感が絶妙なのかも。

そして大人の時も子供の時もうっとりして想像してしまいう、イエス様のお人形達。そして木靴。

ぱたぽんという名前も素晴らしいし、クリスマスの高揚も静寂もきちんと描かれてる、素晴らしい絵本。これからもずっとずっと語り継ぎたい絵本です。孫ができても読めますように!!

 

他にもわしずかみな本たち…

ぶたのたね

ジローとぼく


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)