「ax」伊坂幸太郎

B505BFCA-CC8B-40CC-9254-119E85A694D9

つい先日の本屋大賞のニュース。ノミネートされていたこの作品、5位を受賞されてました!ぱちぱち。

伊坂作品はまばらでしか読んでない私。この「殺し屋」シリーズは前作マリアビートルは読んでましたけど、最初のグラスホッパーは未読。

でもこの作品単体でも充分楽しめました。

腕の立つ殺し屋「兜」は実は家では恐妻家。奥さんの言動の裏の裏まで読んで、家では平穏に生きることを望んでいます。家族の為に殺し屋稼業から足を洗いたいと思っている兜。そんな彼の周囲で起こる事件…というか日常(?)の連作集です。

ここ最近で読んだ伊坂作品の中で一番おもしろかった!!グロイ描写もエグイ悪人もでてこなかったし…連作なのでかるーく読めるんですが、裏テーマは家族。息子が「お父さんが世界で一番怖いのは母さん」と言ったシーンはゴールデンスランバーの最後の手紙のシーンを彷彿とさせてじーんときました。ここにいなくても、家族は繋がってる…というのが私的ツボらしいです。

連作なので結構スイスイ読めます。おすすめは飛行機や新幹線の移動!移動の際にはぜひー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)